転職に強い資格を取ろう



いま現在の経験を生かして転職したい方も、新しい分野にチャレンジするために転職したい方も、資格はないより持っていた方が良いのではないでしょうか。

どの業界に転職しても重宝される資格がいくつかあります。

まず、マイクロオフィススペシャリスト(MOS)です。

これはマイクロソフト社公認のワードやエクセルのスキルを証明する資格です。

多くの会社でPCスキルを知る基準となっています。

次に簿記3級です。

簿記は帳簿をつけるために必要な技能で、この資格をもっていると「経理の基礎がわかっている人」と転職の際にも好印象です。

ニーズが安定しているため業種を問わず求人があります。

また、TOEIC(R)テストも転職には有利な資格です。

これは英語によるコミュニケーション能力を幅広く評価する世界共通の資格で、多くの企業で導入されています。

ビジネスを行う上では500点~730点のスコアが求められています。

その他、それぞれの業界への転職に効果が大きい資格として宅建取引主任者、ファイナンシャルプランナー、旅行業務取扱管理者、通関士などの資格があります。



書類の書き方についてアドバイスしてくれた営業の転職サイト






私は以前に、転職サイトを使った事があります。非常に丁寧なサイトだったので、驚きました。
実は私は、その時は営業職のお仕事を探していました。ただ、いつも書類選考で落とされていたのですね。自分なりに職務経歴書の書き方などを工夫するものの、なかなか採用にならず、困っていました。
それであるサイトに登録をしてみた訳ですが、そこは非常に良かったです。私の書類の書き方などに関して、色々と客観的なアドバイスをしてくれたのです。書類の書き方に関して、どのような問題点があるかも、客観的に教えてくれたのですね。

中高年世代や女性だけに向けたような転職エージェントは、利用者数はどうしても少なくなるので、ランキングは低くなってしまうからです。サービス内容をよく理解した上で、選択する必要があります。出典:転職エージェントランキング



お陰様で、現在はある会社で働くようになりました。あのサイトを利用しなかったら、恐らく採用されなかったでしょう。サイトに登録をして、本当に良かったです。



転職サイトで事務職の仕事を決めたコツ




転職サイトといっても、たくさんのサイトがあります。情報量の多いサイトに登録をしておけば安心と考えている人がいますが、企業の中には1つのサイトにしか求人を出していないところもありますので、いろいろなサイトから求人を探さないと優良企業の求人を見逃してしまいます。事務職の求人では、派遣や契約社員が多いので、そういった転職サイトを探すのがおすすめです。正社員の求人が多いサイト、派遣の求人が多いサイトなど、それぞれのサイトによって特徴があります。私はあまり知名度は高くないけどたくさんの事務職の求人がのっているサイトを見つけることができ、そこから3社に応募しました。そのうち1社で面接まで行くことができ、採用されることができました。





求人サイトと転職エージェント





転職をしようと考えた時、一般求人サイトなどを見て、動向を確認するかと思います。薬剤師の求人状況は、常に安定した数がありますので、それほど躍起になって探すという事もないかもしれませんが、より高待遇・好条件をという人たちの場合は、それなりの転職活動が必要になってきます。それには、求人サイトを利用する事が最適です。待遇の比較などがしやすく、自分に合った職場を見つけやすくなりますよ。



インターネットなどで「転職サイト」を検索すればよくわかりますが、薬剤師求人サイトは沢山存在しています。

全ての求人サイトが良い求人情報を取り扱っているかというとそうでもありません。

転職サイトの利用時には登録を行わなければならない所がほとんどです。登録を行う前に薬剤師転職サイトを比較し、使い勝手・情報量・情報の質などを検討する事をおすすめします。



人気・信頼性が高い転職サイトは、薬剤師專門の転職支援サービスです。

薬剤師專門サイトでは、薬剤師の求人情報を沢山取り扱っており、その量と質はお墨付きと言えるほどのものなのです。一般求人サイトなどとの大きな違いは、プロのコンサルタントによるサポートが無料で受けられるという点です。





薬剤師の年収







〈収入結果〉

平成22年度薬剤師の平均月収は37万円・推定年収(ボーナス込)は518万円、平均時給は2,124円でした。

過去10年で比較してみても安定した推移といえます。

薬剤師の勤務先は大きく4つに分ける事ができ、それぞれの年収の目安は下記の通りです。



  • 調剤薬局   約400~650万円

  • ドラックストア 約400~700万円(店長クラス)

  • 病院      約400~650万円

  • 製薬会社   約400~800万円(営業職)



    調剤薬局での年収の目安は400万円~500万円程度が目安です。

    ドラッグストアでは400万円からスタートして、店長クラスにまで昇格すると、薬剤師として年収700万円越えも期待できます。

    製薬会社は高時給ですが、研究職の採用は極めて少ないためほとんどが薬剤師の資格が必要でない営業職となります。



    薬剤師は独立開業もできますが、開業資金に最低でも約2500万円必要となり、大手ドラッグストア・病院がライバルとなりますのであまりおすすめはできません。

    薬剤師は、薬局やドラッグストアに勤務することで安定した収入を得ることができます。ドラッグストアでは有資格者があまり多くいませんので、薬剤師としての高い専門性を発揮することがでるでしょう。


    関連記事


    AX